子供で口臭がある場合

普段から口腔内や歯のケアをまめにされている方であれば、多少の口臭でもすぐに気がついてケアすることが出来るようになりました。しかし、これが子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)となると、自分では口臭に気がつくことが出来ないのです。もし、ご自身のお子さんに口臭を感じた場合、ご両親がケアしてあげる必要があるでしょう。

子供の口臭の最大の原因は、「口呼吸」でしょう。口臭は、口腔内が乾燥することで自浄性が低下しますのでに発生してしまいます。ただ単に、その子の癖で口呼吸をしてしまうだけなら問題は無いと思います。でも、鼻や呼吸器系に問題があって口呼吸をしてしまっているケースもありますので、心配なようであれば一度耳鼻科や小児科などで受診して頂くことをおすすめします。ただし、子供の口臭の原因としては口呼吸だけではありません。子供も大人と同じように、虫歯になったりすることがあります。

歯科検診で虫歯の疑いがあると言われたにも関わらず、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)に行ってないなんてことありませんか?やはり、虫歯を未処置のまま放置しておきますと慢性的に炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)を起こし、口臭を発生させる原因にもなりかねません。子供ですと上手に歯磨きをすることが出来ない子も多くいるので、ご両親が上手く歯を磨くことが出来る指導してあげると、口臭も未然に防ぐ事ができるんです。

虫歯など病的な要因だけではなく、臭いの強い食べ物を食べた場合でも、口のにおいを発生させることがあります。お子さんに、何か食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を食べた後はすぐに歯磨きしようねと、歯を磨く癖をつけてあげるといいですよ。