PMSの治療法

PMSの症状としては個人差が大きいため、症状が重い人は大変つらい思いをしながら、なかなか他の方達に理解してもらえないという苦しさもあります。しかし、最近は、PMSが比較的認知されるようになってきたため、多少は周囲からの理解も得られるようになりつつあるようです。とはいえ、やっぱり、何とかわずかでもPMSの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を改善したいものですよね。

基本的に薬を使っている方が多いかもしれませんが、毎月の事ですから、その都度薬に頼るというのも辛いでしょう。ひどい症状は薬に頼らざるを得ないのですが、日常の生活習慣を少し見なおすのみでも、ある程度の改善が見込める事もあるでしょう。

・リラクゼーション(副交感神経の働きが優位になり、交感神経の働きが抑えられている状態のことです。どうすれねそうなるかには個人差があるでしょう)効果を持つハーブを始めとするサプリメントやお茶などを利用する。
・適度な運動を続ける。
・カフェインの摂取量を抑える。
・ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)やミネラルが不足しないような食事を心がけたり、サプリメントで補給する。

これらによって、ある程度改善すると言われているんですね。ただ、PMSはまた完全に判明しているわけではありませんから、それでも改善出来ないイライラなどは、病院で抗うつ薬や抗不安剤などを処方を受けることになります。また、妊娠予定がない場合には、ピルを服用するという方法もあるようです。

ピルを服用している間は排卵が抑えられるため、排卵が原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)とされるPMSの症状が出なくなるからです。いずれにしても、これらの薬は病院で処方されるものですから、市販薬(配合成分をしっかりとチェックしたいですね)として購入することは出来ません。