PMSのおすすめ入浴法

PMS(月経前症候群)解消に効果がある入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)法を紹介します。入浴(日本人は比較的高い温度のお湯に浸かることを好むようですが、あまり高い温度のお湯に浸かると、心臓に負担をかけてしまいます)法としてお奨めなのは腰湯です。ケミカルピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)

入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)のポイントは、ぬるめのお湯にして、バストの下までつかる、そして20分くらいボーっとする事です。下半身の循環がとても良くなります。湯船が深い場合は、浴槽にお風呂用のチェアをしずめて座れば楽チンです。

20分もボンヤリできない!という人は、濡れても構わないない本・週刊誌やマンガなど、リラックスできる本を持ち込みてください。肩が寒くて困る人はタオルを肩にかけるか、Tシャツなど着用したまま入浴するよいでしょう。

肩が冷えた時点で、一時的に肩までつかってから再度、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)のとろまで戻しますのも良いですよ。エッセンスオイルを2から3滴たらしても構いません。必ずよくかきまぜて体に拡散させましょう。市販の入浴剤の香りを楽しむのもいいですね。

生薬の漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)を使用している人は、煮出したあと今度は入浴(日本人は比較的高い温度のお湯に浸かることを好むようですが、あまり高い温度のお湯に浸かると、心臓に負担をかけてしまいます)すること、徒労なく利用できますしヨモギも、保温効果を高めます(漢方薬局などで購入できます)。