PMSの食事療法

PMSは症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が重い場合、治療が必要になることがあります。PMSの治療は食事療法と薬事療法により行なわれます。PMSの食事療法では内分泌腺の機能を高め自律神経を安定させるのが基本となります。副腎機能を高めたり、肝臓機能を高めるというのも効果的と思っているのです。

かぼちゃの種や玄米、ユリ根、らっきょう、ひじき、わかめ、玉ねぎ、ニラ、昆布、よもぎ、銀杏、海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)苔などがよいとされています。普段の食事でも摂りいれるようにするとより効果的なのです。PMSの症状が辛い人はまず食生活の改善から行なってみるといいかもしれません。

動物性食品やアルコール類、酢の摂取し過ぎは避けるなさってくださいね。PMSの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を強く感じる人はダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)のある人が多く、偏った食生活(人それぞれ、大きく内容が畭なるでしょう。体型や肌つや、精神にまで関わってくるものです)を送ることも深く関係しているようです。子宮など女性が必要とする器官に十分に酸素が送られなくなることがPMSを悪化させる原因とも考えられています。

カルシウム(不足するとイライラしやすくなるといわれています)やミネラル、マグネシウム、ビタミンB郡等を摂取するようにして、適度に運動し血行を良くするようにしましょう。ビタミンB6(タンパク質や脂質の分解をサポートすると考えられており、豚肉や牛肉などにたくさん含まれています)はたんぱく質の代謝を促すのでに必要である栄養素ですし、免疫機能を正常に保つ働きもありますから、意識しながら摂るように心がけて下さい。